スポンサードリンク

玄関のニオイ対策

靴が臭い足も臭い!!!

靴の臭い防止には、同じ靴を毎日はき続けないことです。

靴を続けてはいていると、臭い物質が靴に吸着し、細菌が繁殖し、さらに悪臭が・・・・

靴は、1日はいたら2日間は風通しの良いところに置きます。

また中敷きをこまめに取り替えるのも臭い防止になります。

※関連記事
 *靴のニオイの消臭・脱臭・デオドラント!


玄関のニオイ対策

玄関のニオイ対策

玄関は靴のニオイによる独特の臭いがあります。

水を流せる玄関は、比較的掃除が楽ですが、団地やマンションなど水が流せない玄関は掃除がしにくいです(私には)。

こまめに掃除するのが一番ですが、掃除と消臭を一緒する掃除法をご紹介します。

水が流せない玄関掃除と消臭
  ・湿らした新聞をちぎって、玄関に撒き、その上に重曹をふりかけ、
   ほうきで掃く。
  ・水分が若干残る茶殻(紅茶の茶殻)を玄関に撒き、ほうきではく。
   撒いた茶殻の上から重曹を振りかけるとなお良い。
   
新聞や茶殻びゴミが絡まってきれいに掃除できるし、茶殻(紅茶殻)を使う方法は、お茶の香りがほのかに残るのでいい感じです。


水が流せる玄関の掃除
  ・水が流せない方法の掃除の仕方もOKです。
  ・土間部分をほうきで掃いた後、重曹をまき、水でぬらしたブラシなどで
   洗い、水でよく洗い流す。

  
掃除が終わったら、重曹の消臭剤を置いておくと、消臭対策バッチり!です。
重曹の消臭剤の作り方はこちら。

【楽天市場】キッチン・日曜品雑貨・文具


玄関のニオイ対策

靴を清潔にして、足の臭いを防ごう!

カビが生えてしまったら、もう使用不能です。

下駄箱(シューズボックス)に一緒に入れていた靴にもカビが移るし、下駄箱(シューズボックス)の中もカビ臭くなってしまいます。
そうなると、カビ臭い靴を履くことになり、足も臭くなります・・・・

靴のカビを防ぐには、下駄箱(シューズボックス)を清潔にしておくことが大切です。

まず下駄箱(シューズボックス)の中の靴を全部出して、下駄箱(シューズボックス)の中をきれいに水拭きして、から拭きをしてよく乾かし、除菌・消臭用のアルコールをスプレーをします。

靴は風通しの良いところで陰干しをしておき、汚れがあったら、きれいに落としておきます。
ついでに靴のお手入れもしましょ!
乳化性クリームを塗って、ツヤと栄養分の補給をします。

完全に下駄箱(シューズボックス)が乾いたら、新聞紙を下駄箱の各棚に敷いて、靴をしまいます。
新聞紙は、湿気を取ってくれるので、わざわざ下駄箱シートを買うのはもったいないです。

時々は、下駄箱(シューズボックス)の扉を開けて、通気をよくしましょ!

下駄箱(シューズボックス)の中には、化学的な芳香剤や脱臭剤などは置かずに、隅っこに、重曹や炭などを置きます!

【楽天市場】キッチン・日曜品雑貨・文具


玄関のニオイ対策

靴のニオイ対策ヨードガード靴用はいかが?

靴を脱いだらヨードガード靴用をポンっと入れて!
ヨードの力で脱いでる間に靴を強力除菌!
カビやニオイの原因となる雑菌をヨードが強力に除菌します。
ブーツや運動靴、通勤靴などに!!

汗をかいた靴の中を強力脱臭!立ち仕事で足が疲れる方にも♪靴の中を強力脱臭♪ [ヨードガード靴用 2足セット]【美と健康スタイル】 ←詳細はこちら
靴のニオイ対策にヨードガード靴用美と健康スタイル
☆2足セット
☆1,960円
☆ショップ:美と健康スタイル


玄関のニオイ対策

最近、ゲリラ豪雨などでいきなり雨が降ってきて、革靴が濡れてしまった・・・・ということはありませんか?

濡れた革靴をそのまま放置しておくと、カビが生えたり、臭くなったりして、履けなくなってしまいます。

濡れた皮靴の手入れ法ですが・・・
濡れた靴の中に新聞紙を丸めて詰め込み、水分を吸い取り、形を整えてから、風通しのよい平らなところで陰干しをする。

新聞紙を詰めるとき、無理やり押し込んで形を崩さないように!
伸びてしまったら復旧不能です。

濡れた革靴を乾かすとき、してはいけないのは・・・
 ・そのまま日光に当てたらヒビが入って使用不能になります。
 ・靴を壁などに斜めに立てかけて乾かすと、反ってしまって使用不能に。

お気に入りの革靴、大切に手入れしましょ!


玄関のニオイ対策

靴のニオイを消臭・脱臭・デオドラントしましょ!

革靴も子供のスニーカーも結構くさい!
靴の中で足が蒸れる→足がくさくなる→靴下がくさい→靴の中がくさい→脱いだ後の靴がくさい→玄関がくさくなる。
くさい靴下や足で部屋に入ると部屋もくさくなる・・・・

靴を脱いだ後は、簡単な防臭剤を靴の中に入れておくことをお勧めします。

靴の消臭剤
10円玉を使う
   10円玉を靴の中に何枚か入れておけば、10円玉の素材である銅が、
   靴の中の嫌な臭いを分解してニオイを取ってくれます。
   靴を履くときは下駄箱・シューズボックスに入れておきます。
   外出中はこの10円玉が下駄箱を脱臭してくれます。

茶殻を使う
  茶殻を天日干しして、よく乾かして、ガーゼなどに包んで、
  靴の中に入れておきます。
  茶殻は適当に新しいものと取り替えてください。
  茶殻の脱臭剤は、下駄箱(シューズボックス)の隅にでも置いておけば、
  下駄箱(シューズボックス)の脱臭・消臭に役立ちます。

重曹を使う
   重曹をガーゼなどの通気性のある布にたっぷり詰めて、
   靴の中に入れておく。
   重曹の消臭・吸湿効果で靴のムレと臭いがなくなります。 
   重曹の消臭剤は、靴のほかに玄関・下駄箱に使えます。 
   玄関・下駄箱用も靴用も、重曹は3ヶ月を目安に入れ替えてください。
   使用後の重曹は掃除に使えます。

靴を履く前に、靴の中や、足裏に重曹を直接はたいておくと防臭効果があります。


靴の臭い対策は、足を清潔にしておくのも大切ですし、靴下も清潔なものを着用してくださいね。
あと、下駄箱(シューズボックス)の掃除をして、湿気取りもしておきましょう。


記事検索
最新記事