スポンサーリンク

衣服のニオイ対策

枕の臭いは、寝ている間に出る頭や首周辺からの汗や、汗と一緒に分泌される皮脂に含まれる物質が主な原因です。
さらに頭部は加齢臭が多く出るところでもあるので、これらのニオイが枕に移ってしまい「枕が臭い」となるわけです。

ニオイのケアはまずは洗濯!です。

枕の臭い対策には、枕カバーを二重にしたり、タオルを巻いたり、と工夫をしていることと思います。

ニオイを取るには、枕カバーや枕に巻いたタオルなどをこまめに洗うことです。

ですが、加齢臭に含まれる“ノネナール” という物質は通常の洗濯ではきれいには取れないそうです。

今回は対策の一つとして、重曹を使う方法をご紹介します。
ニオイが染みた枕カバーを重曹水(30〜40℃のお湯1リットルに重曹大さじ1杯程)に30分以上浸けてからいつも通りの洗濯をします。
重曹水の量は洗濯物の量で増減してください。

枕カバーやタオルの他にシーツなどもこれでスッキリするはずです。


枕本体にもニオイは枕カバーを通り越して移っています。

洗える枕でしたら、洗って日によく当てて乾かします。
洗えないものは、日に当てて殺菌消毒をします。


枕カバーの洗濯も、枕本体のお手入れもこまめにすることが大切です。


ニオイ対策〜消臭・脱臭・防臭〜がiPhoneアプリになりました。
タイトルは「脱!臭生活」です。

nioi




脱!臭生活

今までiPhoneでご覧頂いている方は、アプリの方が閲覧しやすくなりましたので、無料ですので是非ダウンロードお願いいたします。

アプリの方は少し遊びココロ付きです。



台所のニオイ対策

タッパーなどのプラスチック容器は保存容器としてとっても便利。
でも、カレーや魚・肉料理などを入れると、臭いが残ったりすることがありますね。

そんなときの臭い対策を2つご紹介します。

  1. 野菜くずを利用する
    野菜くずをタッパーなどのプラスチック容器に入れて蓋をしっかり閉めて一晩置く。
    臭い解消!

  2. 酢水を利用する
    酢水の中にタッパーなどのプラスチック容器を入れて、しばらくつけておき、後は水でよくすすぎ洗いをして、自然乾燥させる。
    臭い解消!

    傷が入りやすいので、洗うときは、やわらかいスポンジなどでやさしく洗ってくださいね!

関連記事
 タッパーやお弁手王箱についたニオイをとる方法 2
 お弁当箱についたニオイをとる方法


記事検索
最新記事


スポンサーリンク