スポンサーリンク

台所のニオイ対策


冷蔵庫の臭い対策
、今回は重曹を使った消臭・防臭の方法をご紹介します。

重曹は重炭酸曹達(じゅうたんさんソーダ)の略で、自然界に存在するものです。
お菓子作りや野菜のあく抜きなどに使われるものなので地球と身体にやさしい物です。

製菓用重曹はもったいないので、ホームセンターやスーパーの掃除用品売り場で販売している重曹を使うといいですね。

用意するのは、
 ・重曹
 ・ジャムのビン
 ・ガーゼ
 ・輪ゴム

ジャムのビンに重曹を入れ、ビンの口にガーゼをかぶせて、輪ゴムでガーゼを固定します。重曹の消臭剤の完成です。

これを

冷蔵庫に入れます。

効果は、2〜3ヶ月くらいです。
3ヶ月後は、この重曹をそのまま捨てずに、キッチンの排水溝の掃除と消臭に使うと無駄がなくていいです。

冷蔵庫の汚れをとってから、抗菌作用がある酢水(またはクエン酸水)をスプレーして、乾いたふきんでふきあげてから重曹の消臭剤を入れるとニオイ対策はばっちり!ですね。

この重曹の消臭剤はトイレやシューズボックス(下駄箱)の臭い対策にも使えます。


冷蔵庫の脱臭剤・消臭剤



生活の木 重曹 100g[生活の木 重曹]


台所のニオイ対策

電子レンジのニオイ対策

33c148867d4238378d1594d6ece289c0_s











電子レンジの内部は、加熱したときの蒸気などで結構汚れているものですし、ニオイも複雑なものになっています。

揚げ物や肉まんなどを温めるときはラップをしませんので油分を含んだ蒸気がでます。
そこで、電子レンジを使った後レンジ内に熱が残っているうちにすばやく温かいぬれふきんで汚れをふき取います。

でも、実際は毎回拭き掃除ができるわけではないので、電子レンジを使った後はしばらく扉を開けたままにして、食品のにおいを外に出してから閉めるようにしています。
(最近のレンジは機種によっては換気機能がついているそうですが・・・)

汚れたままにしておくと熱効率が悪くなり、扉を開けたとき、嫌な臭いの元になりますので適当なところで掃除しますが・・・。

電子レンジ内にこもった臭いを取るには、
   ・柑橘類の皮を20〜30秒ほどかける。
   ・一晩、重曹を電子レンジの中に置いておく。
    (いつも置いておくと、ニオイがこもらなくなる) 
   ・コーヒーかす、または茶殻を入れて3分ほどレンジにかけ、
    そのまま一晩置いておく。
        ・・・などの方法があります。

※関連記事
  電子レンジの汚れと臭い対策


身体のニオイ対策

足の臭い防止には・・・

足の臭いを防ぐには、通気性のよい靴下や靴!
日本は湿度が高いので、夏場は素足に下駄が一番合ってたんですが、靴文化になってからは、靴下を履くようになって、蒸れるし、臭いし、水虫はできるし・・・・

現代では、普段の生活に下駄履きというわけにはいきませんので、通気性のよい靴下や靴を選び、蒸れにくいようにするのが臭い対策には大切です。

スニーカーやパンプスなど足を覆う靴に生足は、蒸れるので臭いが発生するのでNG!

足裏を清潔に保つことも大切で、足裏の角質ケアや足浴も効果的!

足浴をするときに、酢を大さじ2杯ほど入れると、雑菌の繁殖を抑え臭い対策にもなります。

あと、爪の間に溜まったアカや汚れも臭いの元に・・・・
爪の間も清潔にしましょう。


記事検索
最新記事


スポンサーリンク