スポンサーリンク

部屋のニオイ対策


mikan2
















こたつ
の中って、色んな人の足が入って、ぬくもってニオイがこもって結構臭い!

こんな臭い対策には、ミカンの皮がお勧めです。

こたつとミカンは日本人の冬のなごみアイテムのようなもの。

食べ終わったミカンの皮は、ミカンが入っていたネットか、使い古しのストッキングなどに詰め込み、こたつの中のスミに置きます。

ここで注意!!
ミカン入りネットをヒーターに近づけすぎないようにしてください、
火事の元になります。
また長時間入れっぱなしにはしないでください。

ミカンの香りで、こたつ内のニオイは解消ですが効力は長くは続きませんので、ミカンを食べたついでにでもお試しください。

 

それと、ニオイとは関係ないですが、洗濯ものを乾かすのにこたつの中に、洗濯物を入れるのはたいへん危険なので、絶対にしないようにしましょう。
火事の原因になります。

【楽天市場】食品


部屋のニオイ対策


cha (2)













部屋の臭い
お茶ですっきりしましょ!

料理をした後、肉や魚を焼いたときなど、換気扇をつけていても、部屋にニオイがこもってしまうことありますよね?

部屋の臭い対策の中で、私のお気に入りの方法はお茶を使って消臭する方法です。

フライパンや魚焼きグリルがまだ熱いうちに、お茶葉をぱらぱらっと入れ、余熱で茶葉を焼き、そのお茶の香りでニオイを消します。

また、魚焼きグリルを洗剤で洗ったあと、水を張るトコロに、濃い目のお茶を入れて、強火で加熱すれば、グリルのニオイが抑えられます。

でも、この方法だと新しい茶葉を使い捨てにしてしまうので、ちょっともったいないです・・・・

なので、通常は「自家製ほうじ茶」を作って部屋のにおい消しにします。
新しいお茶や、高級茶は持ったないので、安いお茶や法事などでもらったお茶で作ります。

お茶をフライパンで炒ると「自家製ほうじ茶」ができます。
ほんのり香ばしくっておいしいです。

この「自家製ほうじ茶」を作ると、お茶の香りが部屋に広がっていい香りがします。
来客があるときは、この「自家製ほうじ茶」を作れば、上等のお茶を用意しなくても「自家製のほうじ茶です」なんて言って話題ができますし、部屋もいい香りがして一石二鳥!

できた「自家製ほうじ茶」はよくさましてから、お茶缶に入れて、早めに飲んでください。


身体のニオイ対策


cha3













主婦のはいろんな臭いがつきやすいです。

料理をしていてつく臭い・・・
 魚や肉にお生臭い臭い・・・
 にんにくに臭い・・・
 食材にもいろんな臭いがついています。

部屋の掃除をしていても臭いは付きます。

タバコの臭いも手に付くといやですね・・・・

意外と石鹸では臭いが落ちないものです。
香りの強い石鹸は、石鹸くささが料理に移るし・・・・

レモンがあれば、スライスしたレモンを手につけてみてください。
臭いが取れてさっぱりとします。


注意!
レモンは美白に良いといわれていますが、肌に残ったまま日に当たると、逆にしみ・しわの原因になりますので必ず、しっかり洗い落としてください。


魚や肉の生臭さをとるのには煎茶の茶殻がおすすめです。
煎茶の茶殻を手にとって、もむように両手でこすり、後は水で流します。
紅茶やウーロン茶・ジャスミン茶でもOKなようです!

【楽天市場】キッチン・日曜品雑貨・文具


記事検索
最新記事


スポンサーリンク